日本中國學會

The Sinological Society of Japan

関連研究会等の案内


シンポジウム「研究環境の変貌と東洋学・アジア研究」開催について

2021年10月13日更新

詳細はこちらをご覧ください。


セミナー「科学と芸術の交響、時空を超える対話」開催について

2021年8月11日更新

詳細はこちらをご覧ください。


国際シンポジウム「近代書壇の誕生」開催について

2021年7月23日更新

詳細はこちらをご覧ください。
[パンフレットPDF]
[案内文PDF]


2021年第19屆國際暨第39屆全國聲韻學學術研討會徵稿啟事

2021年2月16日更新

  • 主辦單位:台灣師範大學國文學系
  • 委辦單位:中華民國聲韻學學會
  • 會議時間:2021年8月20日(五)至8月22日(日)

四、會議地點:台灣師範大學

五、會議主題:聲韻學的轉型與未來

六、會議子題:
1.聲韻學研究方法論
2.語音演變與斷代
3.文獻分析與音系擬測
4.方言調查與音韻分析
5.聲韻學研究工具與研究方向
6.其他與聲韻學相關之議題

七、摘要截稿日期:2021年3月1日(六)

八、公布摘要通過日期:2021年3月21日(一)

九、全文截稿日期:2021年6月30日(三)

十、投稿類型:
1.個別投稿:與「會議主題、子題」相關之學術論文。
2.專題小組(panel)投稿:自組專題小組成員3~5人(含主持人)。

十一、摘要提交:
請點按:「2021年第19屆國際暨第39屆全國聲韻學學術研討會投稿資料表」,填寫完畢後按「提交」即可。
擬籌組「專題小組」者,所有成員均須分別填寫資料表,並填寫「專題名」及「專題主持人」兩欄。

十二、摘要撰寫須知:
摘要內容須包括:(1)主旨 (2)研究問題 (3)取材 (4)方法 (5)預期成果等。字數請掌握在500至1000字。

十三、摘要審查:
投稿摘要須經學術審查委員會審查通過後始得發表。無論是否錄取,均以電郵通知。

十四、 發表須知:
1.發表者須為中華民國聲韻學學會110年度(2021.01-2021.12)之有效會員;非有效會員者須繳交該年度會費。
2.非會員者可於投稿摘要同時辦理入會手續,收費標準如下:

 入會費年度會費總額
學生會員50010001500
一般會員50015002000

3.不擬加入本會之發表者,須於論文摘要審查通過後,繳交論文發表費:學生1000元,非學生1500元。未繳納者視同放棄發表資格。
4.論文發表者不再收取會議註冊費。
5.繳費方式:
(1)郵政劃撥
      帳號:1911-1960
      戶名:中華民國聲韻學學會
(2)會議當日現場繳納

十五、 聯絡人:
     吳聖雄教授 

十五、 聯絡人:
     吳聖雄教授 

十五、 聯絡人:
     吳聖雄教授 

なお、コロナウイルスのため、台湾に来られない場合、オンラインでの発表も可とのこと。


日本中国語学会主催 
第1回中国語学セミナーのお知らせ

2019年06月28日更新

下記の要領で日本中国語学会主催のセミナーを開催します。
聴講は事前登録制となっております。

日時:2019年9月7日(土)13:00~18:00(12:30受付開始)
場所:東京大学本郷キャンパス 法文2号館 教員談話室
講師および講義題目:
 岩田礼(公立小松大学国際文化交流学部教授)
 「漢語方言における語彙変化の特徴」
 木津祐子(京都大学大学院文学研究科教授)
 「琉球久米村通事が学んだ官話――通事が用いた教材の写本間差異を手がかりに」
 木村英樹(東京大学名誉教授)
 「現代漢語文法の史的特質――現代語文法と歴史文法の接点を探る」

参加費:日本中国語学会会員¥1,500/非会員¥3,000
(当日会場にてお支払いいただきます)
詳細は、下記URLをご参照ください。
https://ss1.xrea.com/www.chilin.jp/event/seminar.html

お問い合わせ: seminar2019 [at mark] chilin.jp ([at mark] を @ に変えてください)
なお、会場の都合上、先着100名様とさせていただきます。